頭髪の抜け毛の原因

頭髪が生え、寿命を全うする一連の流れは毛周期(ヘアサイクル)と呼ばれており、発毛した毛が成長し、抜け落ちてからふたたび生えるまでを3~6年で繰り返しています。頭髪の抜け毛は、このヘアサイクルに変調をきたし、毛が抜けた後に新たな毛が生えてこないことによって起こります。頭髪は毎日抜け落ちるものですが、それでも一日に100本以上の抜け毛があるような場合には、何らかの対策が必要となります。脱毛の原因はさまざまですが、遺伝由来のものもあります。両親とも髪の薄い場合、あるいは母親の髪が薄い男の子は、ほぼ確実に抜け毛になるといいます。たとえ抜け毛の原因が遺伝であったとしてもしっかりと抜け毛防止策を講じておくことで抜け毛を遅らせ、現状維持に留まることは可能です。どんな人でも加齢と共に頭髪の抜け毛は増えます。とはいえ、抜け毛対策をしていた人とそうでない人には確実に差が出ます。今の本数をキープするか、減らさないよう頭髪の抜け毛防止をすることは意味のあることです。血流不足によっておきる毛根の栄養不足、フケによる頭皮の炎症、皮脂の過剰分泌によって頭皮に引き起こされる負担など、抜け毛の原因は一つではなく複合的なものです。抜け毛の対策を行う上で重要になるのは、自分の頭髪がなぜ抜けているのかを知ることです。抜け毛の原因が特定しにくい場合、専門家のカウンセリングを受けたり美容クリニックに行くことで何か分かるかもしれません。口臭の予防と対策ならこちらのサイト

頭髪の抜け毛の原因