メタボリック症候群を予防するメンタルヘルス

効果的にメタボリック症候群を予防するためには、カロリーを摂り過ぎないこと、体を動かすことです。心身を健全な状態に保つようにすることも意識しましょう。過剰なストレスは食欲を増したり、肥満の原因になったり、高血圧や糖尿病の原因にもなります。ストレスになっている問題を早く解決して、規則正しい生活、十分な休養と睡眠、適度な運動を心がけることです。一見ストレスはメタボリック症候群とは無関係に見えますが、実は内臓脂肪をためる一因となっています。やけ酒や、やけ食いという言い回しがありますが、ストレスがたまると無性にお酒が飲みたくなったり、暴食をしたくなることがあります。食欲を司る脳の部分が、ストレスの影響で活発に稼働するようになるために、ストレスが増せば食べたくなるのは自然なことです。メタボリック症候群の原因ともいえる不規則な食事、夜食、まとめ食いなどの習慣をしているために、ストレスがたまるケースもあります。ストレスが蓄積されると、眠りづらくなります。睡眠不足は食欲を刺激するホルモンの分泌を高め、食欲を抑制するホルモンの分泌を減少させるのです。睡眠不足になるような生活はメタボリック症候群を予防するためには避けなければいけません。毎日の生活の中でメタボリック症候群の予防を行うためには、ぐっすり眠れるようにすること、ストレスはためないこと、健康的な食事をすることです。http://www.mistressastrid.com/

メタボリック症候群を予防するメンタルヘルス